どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

治験で想定されるメリットとデメリット

time 2022/04/06

治験で想定されるメリットとデメリット

治験バイトのメリットは何でしょうか。まず、一般的なバイトと比べて高額収入を得られることです。日給で1~2万円が相場です。時給1、000円程度の一般的なバイトの倍の収入ということになります。

しかも、仕事の内容がとても楽です。通常日給1~2万円を得ようと思ったら、相当ハードな仕事になるはずですが、治験は薬を服用して、簡単な血液検査など簡単な検査をするだけです。あとは、横になって寝ていてもいいし、本を読んで時間を自由に過ごしていても良いのです。これも大きなメリットの一つと言えます。

さらに、治験を通して実は健康診断を受けることができたり、入院する場合は栄養管理がされた食事が提供され、健康維持のサポートを受けることもできます。これは隠れたメリットと言って良いでしょう。その一方で、デメリットについてもきちんと理解しておくことが大切です。たとえば治験中の生活には一定の制限があるという点が挙げられます。

たとえば入院中は病院内において比較的に自由に時間を過ごすことができますが、ケースによっては食事や運動が制限されることがあります。もちろん、病院を出て外に行くことはできませんので、まとまった時間を確保することができないと、入院を必要とするタイプの治験には参加することができません。また、可能性は少ないですが副作用のリスクがないわけではありません。人にとっては精神的なストレスや不安もあるでしょう。

副作用が出た場合は中止されます。

down

コメントする