どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

治験で良かったことと暇な時間の過ごし方

time 2022/04/09

治験で良かったことと暇な時間の過ごし方

治験を実際に体験した方の感想の中で多いのは、「薬や病気への関心が以前より高まり、健康志向がアップした」というものです。治験の最中には様々な検査が行われたり、食事も健康に良いものが提供されます。そのような一連のことが健康に関する意識を高めてくれるようです。また、薬の開発の関わっているという意識は、逆に病気にならない健康な身体でいたいという思いを強くさせてくれたという人も多いです。

その結果、期せずして健康のなったとか、あるいは治験後に健康的な生活をするようになったという方が少なくありません。これは治験の副産物と言っても良いでしょう。その上で高額の謝礼をいただくことができるので、終わった後の満足度はすこぶる高く、また機会があればやってみたいという方も多いです。ただ、簡単な検査をした後は1日ほとんど何もすることがないので、時間を潰すのに困ったという声もあります。

1日だけの入院ならまだしも、1週間も続くとなると確かに時間の使い方は予め考えておく方が良いかもしれません。病院は病気を治療する場所なので、娯楽施設などはありませんし、外に出ていきたいという誘惑があっても出ていくことができません。病院によってはコーヒーショップなど時間を潰せる施設がある場合もありますが、食事制限がかかっていれば問題です。そこで時間がたっぷりあるので長編小説を読むなど、普段なかなかすることができないことをしてみるのもおすすめです。

down

コメントする