どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

治験に参加するのは意外と手軽

time 2022/04/12

治験に参加するのは意外と手軽

新しい薬の開発と言うと、大変そうだと思いませんか。実際にとても大変で、たとえ薬が出来上がったとしても、安全性が確認されないと治療には使えません。動物実験である程度安全性が確認されたり、効果があることがわかったら、今度は人間を相手に試す必要があります。これが、治験です。

自分にはあまり関係ないように感じる人もいるかもしれませんが、興味がある人もいるでしょう。興味があって、治験に参加したいと思っているのならば意外と手軽に受けられるので参加してみませんか。手軽と言っても、案件によってはちょっと大変だと思うことがあるかもしれません。案件ごとにやることが違うので全部が手軽とは言い切れません。

比較的、手軽に受けられるのは外用薬でしょう。背中に塗ったり貼ったりして、それを撮影するだけで済むことがあります。何度か通院する必要はあるにしても、これなら参加しやすいかもしれません。決して長期間参加するわけでもありませんから、ちょっと時間がある時に参加しようと思ったら、外用薬の治験に参加するのも良いかもしれません。

多くの人が花粉症ですが、花粉症の新薬開発も行われています。耳鼻咽喉科などを受診した時に、新しい薬を処方されたことはありませんか。今まである薬でも効果があるかもしれませんが、今でも新薬の開発をしているからです。疾患を持っている人が受けることができますので、医療機関を受診したり市販薬を使っている人も参加を考えてみませんか。

down

コメントする