どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

腱鞘炎の治療方法について

time 2022/05/15

腱鞘炎の治療方法について

腱鞘炎の治療方法は様々な方法があります。まずは、幹部の安静です。腱鞘炎は、手や指の使い過ぎによるものなので、安静、休ませることが第一になります。次に、薬剤を使用する方法です。

薬剤の種類としては、鎮痛台になりますが、飲み薬や、湿布などの張り薬などがあり、症状によって、使い分けることになります。ただ、鎮痛剤は、対症療法であり、症状を根本的に治すためではなく、現在の痛みを一時的に抑えるものになります。過剰に使用するのは避けた方が良いです。薬剤の使用として、副腎皮質ステロイドを使用する方法もあります。

この薬剤は、炎症をやわらげ、痛みを鎮静化させる効果があります。注射の後に、痛みがとれることも多いですが、繰り返し使用しなければならないことも多く、副作用などに注意が必要になります。次に、患部を固定する方法があります。これは、完全に固定してしまうのではなく、運動を制限する、という意味の固定です。

サポーターやテーピングといった方法があります。腱鞘炎の痛みは、腱鞘と腱がこすれあうことによって引き起こされるものなので、運動を制限することにより、悪化を防ぐことができます。また、電気療法、温熱療法といった治療方法があります。超音波やレーザー光線などによって、血行不良を改善し、筋肉を緊張をほぐすような効果が期待できます。

最後に、手術で治療を行う方法もあります。いずれの治療方法でも改善がなければ、手術を行うことによって、その症状は、劇的に改善することが期待できます。

down

コメントする