どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

女性特有の病気も検査できる人間ドック

time 2022/06/18

女性特有の病気も検査できる人間ドック

人間ドックは女性特有の病気を検査することも可能です。近年の日本で女性に増加傾向にあるのが乳がんと子宮がんです。食生活が欧米化に伴うにつれ患者数は増加し、発症する年齢も若齢化しています。二十代から三十代の若い世代の患者が多くなって来ました。

年齢が若い段階で発生するがんは進行が早く、他臓器に転移したり神経を圧迫するまで自覚症状が無く、生命を脅かす病気です。その反面、早期に発見できれば5年生存率も高く再発のリスクを下げ完治を目指せる治りやすいのも特徴です。自覚症状のない病気は人間ドックを受診して定期的な検査が必要です。人間ドックでの乳がん検査と子宮がん検査の方法は、乳がんの場合は医師による視触診と、マンモグラフィーを行います。

若い女性の場合は乳腺が発達していて、乳腺と病変の区別がつきにくい為に乳腺エコー検査も合わせて行います。視触診で発見できる腫瘍の大きさは1cm以上が多いですが、マンモグラフィーや乳腺エコーを利用すれば石灰化している部分や、5mm程度の腫瘍もみつける事が可能です。5mmで発見された腫瘍はほとんどが初期段階で血管やリンパ節を浸潤していません。子宮がんの検査は、子宮から直接粘膜を採取し、細胞を検査することによって精度の高い検査を行えます。

悪性腫瘍になる前の段階で発見できるので、生命のリスクを回避し早期治療が行えます。身体への負担も少なく検査時間も短いので、気軽に受けられる検査です。

down

コメントする