どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

日本の人間ドックでは最先端の技術が使われています

time 2022/06/21

日本の人間ドックでは最先端の技術が使われています

加齢と共に体調の変化は生じるもので、症状が出てから病院の診療を受けたときには過大な費用がかることが予想されます。定期健診を受診することによって、病気の早期発見が可能になるために、病気が発見された場合においても最小限の治療で治癒する可能性が大きくなります。病気の予防や早期発見に関して100%の確率で見つけられるほど医学の発展は行われていませんが、現時点の人間ドックの技術においても高い確率でがんなどの病気を発見することが可能です。人間ドックのコースではPET-CT検査やCT、MRI、超音波エコーなどを用いることによって、世界の中でも最先端の診断を受けることができます。

人間ドックを行っている多くの医療機関では、経験豊富な技師が最新の医療機器を操作しますので、丁寧に撮影された検査の画像によって小さながんや病変において確認することができます。人間ドックのPET検査において、日々数多くのがんの症例を早期発見していることで、精度の高い撮影が行われています。CT検査においても次世代型のCT装置が登場していますので、安全性が高くて安心して精度の高い検査を受けることが可能です。精度の高いCTであれば、従来までの2分の1の放射線被ばく低減を実現していますので、安全性の面でも品質が向上しています。

乳がんなどの検査ではマンモグラフィーが有効であることがわかっていて、マンモグラフィー検診施設画像の認定を受けている医療機関であれば精度の高い検査が期待できます。

down

コメントする