どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

中絶手術の方法と入院

time 2022/08/06

中絶手術の方法と入院

生理が毎月順調にきている人なのであれば、生理が遅れるとすぐわかるでしょう。生理が遅れてしまう理由はいろいろありますが、妊娠の可能性があります。もしも妊娠の可能性があるのであれば、生理が遅れて一週間程度すれば検査薬などで確認をしてみる事です。妊娠検査薬は薬局で購入することが出来ますので、自宅で確認をすることが出来るようになります。

そこで陽性反応が出たのであれば、病院に行って診察を受けるようにしてみる事です。もしも妊娠をしているのであれば、その頃には妊娠5週くらいになっているはずです。早い人の場合は、この時点で病院に行っても妊娠をしていることがはっきりとわかるようになります。しかし望まない妊娠だった場合には、中絶を選ぶことになるでしょう。

中絶をする場合には、妊娠週数によって手術方法が変わってくるようになります。妊娠12週くらいまでの時期であれば手術も短時間ですむようになりますので、手術後の体に問題がなければその日のうちに自宅に帰ることが出来るようになります。しかしそれ以降に中絶手術をする場合には体の負担が大きくなりますので、数日間の入院が必要になってきます。入院をするのとしないのでは、普通の生活に戻れるまでにも時間が変わってくるようになりますので、体の不安が小さな早い時期に手術を受けるようにした方がいいでしょう。

しかしその日のうちに帰れるとはいっても、無理をしてはいけませんので、体を休めるようにしましょう。

down

コメントする