熱交換器のメンテナンスの必要性

工場などで熱交換器を使用している場合には、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。メンテナンスを行うことで本来の性能を発揮することができますし、生産効率を上げることにつながります。熱交換器の日常的なメンテナンスとしては、洗浄液を使用してきれいな状態を保つことです。洗浄液は熱交換器を分解することなく比較的容易に行うことができますから、普段から定期的に行うことができます。

ただ洗浄液によるメンテナンスだけでは内部の細かな部分まで洗浄することはできませんから、メーカーに依頼して分解洗浄をしてもらうことも大切です。内部洗浄をするにはプレートをいったん取り外して専用の洗浄液を使用して洗浄します。また長く使用すればガスケットが劣化してしまいますから、洗浄と合わせて定期的に交換することも大切です。一般的に交換の目安は温水に触れる部分は3~5年、冷水に触れる部分は5~6年程度となっています。

そもそも熱交換器とは、温かい液体から冷たい液体へ熱を移動させる機器です。代表的な種類としては、空冷式やファンコイルユニット、ブレージングプレート、ガスケットプレート、シェル&チューブ、投げ込み式、ジャケットタンクなどがあります。特に空冷式は環境性にも優れているといえます。どのタイプのものも定期的にメンテナンスを行わないと能力を最大限に利用することはできませんから、導入するときにはランニングコストなどもしっかりと把握しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です