熱交換器のメンテナンスで困ったら

熱交換器の調子が悪くて工場の生産性が低下した、突発的なトラブルが発生して生産ラインがストップした等、産業現場ではこのようなケースで日頃から頭を悩ませているケースもあるはずです。熱交換器は製造ラインやボイラーなど熱供給が必要な現場では欠かすことのできない、重要な役割を負っています。仮に何らかのトラブルで稼働できなくなれば、たちまち産業現場に深刻なダメージをもたらすことも、十分に考えられます。そのため熱交換器を導入している現場では、普段から定期点検を徹底している場合が通常です。

そしてスケール付着の堆積やプレートガスケットの経年劣化、あるいは伝熱プレートの貫通割れといった異常が見つかれば、速やかにメンテナンスしなければなりません。とはいえ、自社にメンテナンスするだけの人材や設備がなければ、なかなか難しいのが現実。そのため産業現場では熱交換器の導入と同時に、そのメーカーとメンテナンス契約も結んでいるのが通常です。産業現場で稼働する製品に詳しいメーカーであれば、たとえ突発的なトラブルが発生しても、的確かつ速やかなメンテナンスが期待できるでしょう。

また導入時点で、トラブルが発生しにくい熱交換器を選ぶ産業現場も目に付きます。例えばプレート式のタイプであれば可動部や部品が少ない上、乱流促進構造による自己洗浄機能でスケール付着も極力抑制できるため、突発的なトラブルの発生も未然に防ぐことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です