プレート式熱交換器のメンテナンスもこの企業なら安心

プレート式熱交換器といえば、大阪に拠点を構えるこの専門企業が有名です。このタイプの熱交換器を国内で最初に開発しており、まさに業界ではパイオニア的な存在。その他にもセミ溶接や凝縮器あるいは全溶接など、あらゆる分野に貢献する優れた製品を次々と開発および販売しています。プレート式熱交換器の優れた特徴といえば、まず何といっても熱交換率の高さです。

これは乱流促進構造を採用した独自の形状によって、プレート間の流体の流れを意図的に乱すことで実現しています。そしてもう1つ見逃せない特徴なのが、スケールが付着し難いことでしょう。乱流促進構造によって流体が乱れることが、結果的に自己洗浄機能の役目を果たします。とはいえ、いくら優れた機器であっても、長期にわたってハードに稼働し続ければ、経年劣化などによって何らかのトラブルが発生しやすくなるのも、また事実。

そうなると生産現場では極端に生産効率が落ちたり、生産ラインが稼働停止になるなど、様々な深刻な事態を招くことにもなりかねません。このようなリスクを回避するためには、普段から定期点検やクリーニングを徹底することが大切です。同時に異常を発見したり、突発的なトラブルが発生した場合に備えて、速やかにメンテナンスへ移行できる体制も整備しておくべきでしょう。自社でメンテナンスできる能力があるのが理想ですが、ない場合にはプレート式熱交換器の専門企業と、あらかじめメンテナンス契約しておくことが大切です。

その点、パイオニア的なこちらの専門企業なら安心。設計ノウハウまで熟知したエンジニアが担当することで、スムーズかつスピーディーに対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です