熱交換器のメンテナンスのたいせつさについて

私たちの生活になくてはならないエアコンや自動車や給湯器には、すべて熱交換器が設置されています。熱を帯びた物体は熱エネルギーを持っていて、高いところから低いところに物が落ちるように、温度の高いところから低いところに移る性質があります。この性質を応用しているのが熱交換器であり、エアコンや自動車や給湯器の内部に搭載され、電気やガスなどの動力源で発生させた熱を他の媒体に移すことで熱の移動を行います。この移動では、移す方と移される側とが直接触れることなく移動するのが特徴です。

熱交換器は熱の移動を確実に行うために、内部の配管は細く長くなっているのが特徴です。これは、近接させる面積を多くすることで交換効率を上げるのを目的としています。細くなればなるほど効率は良いのですが、流れる液体や気体には不純物が含まれていることが多いため、内側にそれらが付着して正常な流れができないことがあります。こうした場合は、熱交換器を交換することやメンテナンスによって機器の改善を図ることを行います。

単に機器の交換であれば確実に効果は見られますが、決して安価ではありませんので効率的とは言えません。このケースでは、交換器内部の洗浄を行うメンテナンスをすることで導入当初の性能に戻すことが可能です。いずれの方法でも個人で簡単にはできないことでありますので、専門業者に交換やメンテナンスを依頼することになります。機器の更新にはお金がかかりますので、必要な部分を必要なだけ対応できるメンテはとても有効かつたいせつな手法であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です