コストパフォーマンスが優れているマルチサイクロン

水中に含まれる異物を取り除くろ過装置には様々なタイプがありますが、マルチサイクロンはコストパフォーマンスが優れています。このタイプのろ過装置は遠心力で異物を取り除くため、フィルターを必要としません。砂利などをフィルターとして使うタイプは、次第に汚れが溜まって性能が低下します。性能を維持するためには定期的なフィルターの交換を行う必要があります。

マルチサイクロンはドレンバルブを開けば溜まった異物を排出できる仕組みになっているので、定期的なメンテナンスが不要です。砂利を使うタイプのろ過装置は緩速ろ過と呼ばれており、時間をかけて水中の異物を取り除きます。微生物や藻類が砂利の中に含まれていて、異物だけでなく細菌や悪臭なども取り除くことが可能です。緩速ろ過は汚水や汚泥の処理施設などで使われるケースが多く見られますが、フィルターが汚れたら交換しなければなりません。

マルチサイクロンは内部に複数のサイクロンが設置されていて、水が流れ込むと激しく回転して遠心力によって異物を分離します。優れたろ過性能を備えており定期的なメンテナンスも不要ですが、対応できる異物の大きさが限られています。汚水や汚泥を処理する施設などでは、緩速ろ過とマルチサイクロンを併用するケースが見られます。異なる種類の装置を併用すると、様々な大きさの異物に対応できるだけでなくフィルターに汚れが溜まるのを遅らせることが可能です。

頻繁に緩速ろ過のフィルターを交換しなくてよいため、コストを削減できるというメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です