金属の腐食が少ないデスケーラーについて

水中には炭酸カルシウムやシリカなどの無機塩類が含まれており、何度も蒸発を繰り返すと急激に濃縮されてスケールになります。熱交換器やクーリングタワーなど水を流体として通す装置では、スケールが溜まるので定期的にメンテナンスを行わなければなりません。スケールは非常に硬いだけでなく水に溶けにくい性質がありますが、強酸性の洗浄液を使えば簡単に溶かすことが可能です。特にデスケーラーは世界最速のカルシウム溶解速度を誇っており、一般企業だけでなくアメリカやイギリスの海軍などでも採用されています。

基本的に強酸性の洗浄液は、優れた洗浄力を備える一方で金属を腐食させる性質があります。金属製品に使用する場合には、濃度を間違えると破損させてしまうことがあるので注意しなければなりません。デスケーラーは塩酸をベースとした強酸性の洗浄液ですが、金属の腐食が少ないという特徴があります。安全性も優れていて素手で触れても怪我をすることがなく、環境汚染の心配もありません。

生分解性があるため、外部に排出された場合には水中の微生物によって素早く分解されます。デスケーラーを使うと一般的な製品と比べて約5倍の速さで作業を行うことができ、腐食性は約4分の1です。濃度を間違えて装置を破損する可能性が低いので、安心してスケール除去に利用できます。作業は基本的にゴム手袋などの保護具を使用して行いますが、万が一皮膚に付着した場合でも水洗いで簡単に落とせます。

デスケーラーは優れた洗浄力を備えており、金属の腐食が少なく安全で扱いやすい洗浄液です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です