製造業の現場で活躍している熱交換器について

製造業の現場では様々なタイプの熱交換器が活躍していますが、特に軽量かつコンパクトで伝熱性能が優れているプレート式が人気です。様々なタイプがあるので、それぞれの特徴を比較検討して条件に合ったものを選ぶとよいでしょう。広いスペースを必要とせず、優れた伝熱性能を求める場合にはプレート式がおすすめです。プレート式にはブレージング式とガスケット式があり、後者は分解できるためメンテナンス性も優れています。

熱交換器のように流体として水を通す装置では、カルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって内壁に付着します。硬くて水に溶けにくいスケールが蓄積すると性能低下や故障の原因になるので、定期的なメンテナンスによって取り除く必要があります。ブレージング式は耐圧性能が高く伝熱性能も優れていて、一般的な熱交換器の中で最もサイズが小さいのがメリットです。導入と維持にあまりコストもかかりませんが、分解できないためメンテナンスが難しいというデメリットも存在します。

ガスケット式は伝熱プレート間がゴム製のガスケットで仕切られており、全体を分解できる構造になっています。分解可能なのでメンテナンス性が優れているだけでなく、プレート枚数の増減も簡単に行なえます。ただしブレージング式よりも多少サイズが大きく、設置場所にはメンテナンスのためのスペースが必要です。製造業の現場では保管も空冷式や多管式、投げ込み式など様々なタイプの熱交換器が使われています。

理想的な熱交換器を選ぶには、性能や予算だけでなくメンテナンス性や設置場所なども比較検討することが大切です。熱交換器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です