高性能なプレート式熱交換器について

プレート式熱交換器は軽量かつコンパクトで扱いやすいだけでなく、伝熱性能が非常に優れているため様々な産業で必要とされています。熱交換器には空冷式やシェル&チューブ式など様々なタイプがありますが、特に製造業の現場ではプレート式が人気です。このタイプにはブレージング式とガスケット式の2種類があり、いずれも重ねたプレート間を高温と低温の流体が交互に流れて熱交換を行います。熱交換の効率が優れていて、わずかな温度差も最大限に活用できます。

ブレージング式は耐圧性能が優れており、一般的な熱交換器の中では最もサイズが小さいというメリットがあります。このタイプは低コストなので導入しやすく熱交換の効率も優れていますが、分解できないためメンテナンスが難しいというデメリットも存在します。熱交換器のように流体として水を通す装置では、水中に含まれるカルシウムやシリカなどがスケールとなって析出します。スケールは性能低下や故障の原因になるので、定期的なメンテナンスによって取り除く必要があります。

ガスケット式はプレート間がゴム製のガスケットで仕切られていて、全体を分解可能なのでメンテナンスが容易です。このタイプは比較的小型で、プレートの枚数を増減させて伝熱面積を変更できるというメリットもあります。ただしブレージング式よりもサイズが大きく、メンテナンスのためのスペースを確保しなければなりません。設置場所に余裕があり、メンテナンス性を重視する場合にはガスケット式が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です