最適な熱交換器を導入するための注意点とは

熱交換器は温かい流体から冷たい流体に熱を移動させる装置ですが空冷式や多管式、プレート式など様々なものがあります。導入を検討しているのであれば、様々な熱交換器の違いを理解することが大切です。それぞれのメリットとデメリットを比較検討して、条件に合ったものを選ぶとよいでしょう。空冷式は管束とファンで構成されていて、冷却対象である液体を管束内に流してファンで送風します。

液体と空気の温度差で冷却するので、周囲の空気と電源以外のインフラが不要です。設置場所の制限が少ないため屋外でも利用でき、ランニングコストやメンテナンスコストが安いというメリットがあります。ただし周囲の空気と液体の温度差が小さいと冷却効率が下がり、気温以下に冷却できません。また機器のサイズが大きいので、設置にはある程度の広さのスペースを確保する必要があります。

多管式はシェル&チューブ式とも呼ばれていて、胴体部に伝熱管が収められています。胴体部と伝熱管に液体を通して熱交換を行う構造になっており、圧力損失を小さくできるだけでなく高粘度の流体にも対応できます。メンテナンスが比較的容易ですが、プレート式と比べると大型です。プレート式は重ねたプレート間を高温と低温の流体が交互に流れる構造になっており、伝熱性能が優れていて軽量かつコンパクトです。

ブレージング式とガスケット式に分類でき、後者は分解可能なので簡単にメンテナンスを行うことができます。前者は一般的な熱交換器の中で最小サイズですが、後者は多少大型なので設置にはある程度のスペースが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です