様々な熱交換器のメリットとデメリットについて

熱交換器は温かい流体から冷たい流体に熱を移動させる装置ですが、様々なタイプがありそれぞれに異なるメリットとデメリットが存在します。例えば製造業の現場で使用されることが多いプレート式は、伝熱性能が非常に優れていて軽量かつコンパクトです。このタイプの熱交換器にはブレージング式とガスケット式の2種類が存在します。いずれも重ねた伝熱プレートの間を高温と低温の流体が流れて熱を交換するため、わずかな温度差も最大限に活用できます。

ブレージング式は耐圧性能が高くて熱交換の効率が優れており、一般的な熱交換器の中では最もサイズが小さいというメリットがあります。低コストなため導入も用意ですが、分解できずメンテナンスが困難で流路が詰まるなどのデメリットも存在します。ガスケット式はプレート間がゴム製のガスケットで仕切られていて、全体を分解できるのでメンテナンスを簡単に行うことができます。両面を固定プレートで挟んでボルトで固定しているため、ガスケットやプレートの交換も容易です。

プレート枚数を任意に増減させて、伝熱面積を変えることもできます。ガスケット式は比較的小型ですが、ブレージング式よりもサイズが大きく設置場所にメンテナンスのためのスペースが必要になるというデメリットも存在します。設置場所の自由度が高い熱交換器が必要ならば、空気と電源以外のインフラが不要で屋外にも設置可能な空冷式がおすすめです。空冷式は維持費が安く環境性も優れていますが、サイズが大きく気温以下に冷却できないというデメリットも存在します。

熱交換器には様々なタイプがあるので、状況に応じて最適なものを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です