熱交換器の効果的な活用方法について

熱交換器には様々なタイプがあるので状況や予算、メンテナンス性などを考慮して最適なものを選ぶとよいでしょう。例えばある程度の広いスペースを確保できるものの、なるべく予算をかけたくない場合には空冷式が最適です。空冷式は設置場所の制限が少なく屋外で使うこともでき、ランニングコストやメンテナンスコストが安いというメリットがあります。空気と電源以外にインフラが不要ですが、機器のサイズが大きいため一定の設置面積を確保しなければなりません。

また周囲の空気と液体の温度差が小さいと冷却効率が低下し、気温以下への冷却ができないというデメリットも存在します。シェル&チューブ式は胴体部に伝熱管を収めてあり、圧力損失を小さく設計できます。胴体部と伝熱部に流体を通して熱交換を行い、高粘度の流体にも対応可能なため油圧関連機器や化学プラントなどでも使われています。シェル&チューブ式は低温や高温、低圧や高圧に対応できるだけでなく加熱・冷却や蒸発・凝縮も可能です。

分解可能な機種もあり比較的メンテナンスが容易ですが、プレート式と比べると大型なので広いスペースが必要になります。プレート式の熱交換器はブレージング式とガスケット式の2種類に分類でき、伝熱性能が優れていて軽量かつコンパクトなため製造業の様々な場所で使われています。ブレージング式は低コストで熱交換器の中でも最小サイズですが、分解できないためメンテナンスが困難です。ガスケット式はブレージング式よりも多少大型で広いスペースが必要ですが、分解可能なのでメンテナンス性が優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です