どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

ストレスチェックの重要性

time 2022/07/06

ストレスチェックの重要性

多くの人が普段からストレスを受けやすい現代、特に、仕事上のストレスによって体調を崩す方が増えています。例えば、社内の上司や部下との相性が悪く、人間関係に悩んでうつ病などの病気を発症していまうケースをよく耳にします。また、最近では過労によるストレスも社会問題化しています。慢性的な人手不足の影響もあり、どの会社でも一人一人の従業員の業務量が増える傾向にあります。

一人では到底処理しきれない業務を抱え込んで、過労に陥るケースが問題になっています。このような仕事上のストレスは、元をたどれば会社組織や業務管理に問題があることが多いです。そのため、本来は、会社が個々の従業員についてストレスチェックを行い、不調になる前に適切な手立てを打つことが望まれます。しかし、現実には、会社がすべての社員の状態を把握するのは難しく、実際に心身に不調をきたしてから初めて問題が明らかになることも多いのです。

そこで、近年、従業員の健康維持などを目的として、厚生労働省の主導により、ストレスチェックが制度化されました。一定以上の従業員を雇っている事業主に対して、ストレスチェックを行うことを義務づけたのです。ストレスチェックでは、まず、ストレス診断用の質問票が個々の従業員に配布され、各従業員は、それぞれの現在の状態を思い起こしながら設問に回答していきます。この回答内容に基づいてストレス診断が行われるのですが、注目すべきは、この回答内容は会社が確認できないようになっている点です。

会社が事前に内容確認できてしまうなら、各従業員は会社にとって困るような回答をしづらくなり、会社によって恣意的に回答内容が操作されてしまう可能性もあるからです。

down

コメントする