どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

ストレスチェック制度の導入により得られるメリット

time 2022/07/15

ストレスチェック制度の導入により得られるメリット

ストレスチェックという制度の実施によって、企業側も従業員も益を得ることができます。企業側が得られるメリットとしては、そこで働く従業員の生産性を高めることができるという点を挙げることができます。ストレスチェックをきちんと行なうなら、従業員がメンタル面での病気にかかるといった事態を防ぐことができ、結果として売り上げを上げるとともに、余分なコストがかからずに済むのです。また、企業が定期的にストレスチェックという制度を実施しているなら、企業賠償や労使紛争といったものを避けることができます。

こうしたものは企業を疲弊させ、費用の面でも大きな損失となります。さらに企業のイメージダウンにもつながりかねないため、是非とも定期的なストレスチェックによってこうした問題を回避しましょう。ストレスチェック制度によって益を受けるのは企業だけではありません。個々の従業員にも大きなメリットをもたらします。

例えば、従業員一人ひとりの健康を増進させることができます。自分ではなかなか気づかなかったストレスに気づくことができ、改善できるからです。こうした制度の導入で、従業員一人ひとりの身体的な健康やメンタル面での健康状態が促進されるようになると、従業員同士の関係も良くなります。さらには、仕事に対するモチベーションも向上することでしょう。

このようにして、企業で働く個々の従業員が、ポジティブな気持ちを持って気持ちよく仕事ができるようになります。

down

コメントする