どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

ストレスチェック制度について

time 2022/07/18

ストレスチェック制度について

近年、仕事や職場の環境、そして現在過ごしている職業生活において強い不安や悩み、そして過度なストレスを感じている人が増加傾向にあり、現代の統計では全労働者の50パーセント程度が強いストレス下におかれているとされています。ストレスチェック制度とは、その職場環境での心理的な負担の把握を目的とし、そのストレスチェック制度を受けた人の結果によって面接指導などを実施する制度のことを指します。ストレスチェック制度が導入されるようになったきっかけとしては、近年の労働環境の変化や人間関係がより多角化したことによる労働者の過度なストレスによる労災認定される労働者が増加傾向にあるためです。そのような労働者のメンタル不調を放置したままにしておくと、仕事を辞めてしまったり、何らかの重い精神疾患にかかる恐れがあるため、面接などでストレスの度合いをチェックし、不測の事態を未然に防ぐことが目的となっています。

また、この制度を導入することで働きやすい職場環境を進め、労働者のメンタルヘルス不調が発生しにくい環境をつくることも目的として掲げられています。事業者は労働者にチェックを受けさせることを義務付けられており、また検査の結果は労働者の許可なく事業者が閲覧できないようになっており、よりクリーンな労働者の現状の情報を入手、分析します。医師の相談が必要な労働者として該当した場合は、社内心理カウンセラーなどによる面接指導を受けることができます。

down

コメントする