どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

ストレスチェック制度への対応について

time 2022/07/24

ストレスチェック制度への対応について

職場のメンタルヘルス対策として企業に義務付けられたストレスチェックは、1年に1回は実施しなければならない活動として制度化されています。そのため中小企業を含めた非常に幅広い企業が何らかの形でストレスチェックに対応しなければならない状況になっているのです。このような仕組みは法律によって義務付けられたと言う点が非常に画期的であり、極めて大きな影響産業の現場にもたらしたといえます。大企業の中にはストレスチェック制度の開始前から職場のメンタルヘルス対策に対応を始めていたケースも少なくありません。

しかしながら大企業ではない大多数の企業にとっては、社内に十分な知識や経験を持つスタッフがいないと言うケースの方が圧倒的に多いのです。そのためこのような制度かが現場にもたらした負担は非常に大きなものであると言えるでしょう。しかしながら法律によって義務付けられた生徒となったことにより、サービスを提供する業者が数多く登場してきたと言う傾向も確認することができます。このことにより、ノウハウを持っていない企業の場合には、独自に体制を構築すると言う選択肢のほかに、ストレスチェックの業務を外部委託すると言う選択肢が選べるようになっているといえます。

若干のコストはかかるものの、面倒な設備投資等が不要になるため魅力的な選択肢であるといえます。自力で全てに対応すると言うことに特別なメリットがあるわけではありませんので、上手に外部委託するというのも賢い対応策であると言えるでしょう

down

コメントする