どんな時にAEDをレンタルすればいいのだろうか

設置義務がないからこそタイミングが掴みづらい

中絶するための方法はふたつ

time 2022/08/18

中絶するための方法はふたつ

中絶には方法は、大きく分けて2つの種類があります。1つは薬で行うもの、もうひとつは手術です。ミフェプリストンという薬は、一般に知られている薬の名前です。中絶には、RU-486という薬剤を使用します。

プロゲステロンというホルモン作用は、妊娠状態を維持するのに必要なものです。薬剤を使用することにより、強制的にこの維持状態を止めてしまいます。これにより、流産が引き起こることになります。子宮外妊娠の場合は、この薬剤の利用はできません。

薬剤のよる流産が可能なのは、妊娠してから49日以内になります。この薬品は、ドクターの処方が必ず必要となります。個人による販売や、譲り渡す行為は禁止されています。薬剤における中絶は、成功率としては90%台ではありますが、出血が多量となるケースもあります。

その場合は、手術になる事もあります。薬剤は、吐き気や腹痛などの副作用も多いです。妊娠してから、12週目よりあとの中絶では、プロスタグランジン製剤を利用します。プレグラディンの薬剤を使うことで、人工的な陣痛が起こることになります。

薬剤ではなく、手術での中絶方法は、妊娠の周期によっても異なります。12週以前の妊娠初期と、12週以降の中期では、内容も異なります。既に成長を始めている、胎児のサイズにもよるものです。大きさによって、手術も簡単にできる方法もありますが、分娩という方法をとる場合もあるためです。

手術での方法では、成功率としては100%という結果がほとんどです。手術にかかる費用は掛かりますが、薬剤よりも苦痛は少ないです。

down

コメントする